‘パリの恋人’に継ぐ‘ヨーロッパの恋人3部作’が制作される
이 름 SBS(SBSadmin) 등록일 2005-10-26 14:32:18 조회수 6552
昨年50%以上の記録的な視聴率を記録し、全国にパリシンドロームを起こしたSBSドラマ‘パリの恋人’のシン・ウチョルPDと作家キム・ウンスクが、来る9月から放送される‘プラハの恋人’で再び手を結ぶなか、パリとプラハに続いてローマを舞台にする‘ヨーロッパ恋愛ドラマ3部作’の制作計画が輪郭を現した。

‘パリの恋人’と‘プラハの恋人’の演出者シン・ウチョルPDは、ヘラルド経済でのインタビューで“ドラマ‘プラハの恋人’はパリ、プラハ、ローマへと続く‘ヨーロッパ3部作’の2つ目の作品”と語り、“来年には‘ローマの恋人’を作る予定”であると明かした。

あわせて、シンPDは“最近相次ぐドラマの海外ロケに対し、経費問題などで一部批判的な意見があることを承知している”と語りながら、“最善を尽くし良いドラマにすることで視聴者たちに報いることこそが答えになる”と付け加えた。

‘プラハの恋人’は2年ぶりにブラウン管に復帰するチョン・ドヨンとキム・ジュヒョクが、それぞれ大統領のひとり娘と末端刑事として出演し、愛を育てていく内容であり、制作陣は先月末に1週間出国し、現地調査とともにスタッフと協議の末、7月中旬から初撮影に入り、同月末から約1ヶ月のプラハ現地ロケを実施することにした。

メロードラマの巨匠ユン・ソクホPDの‘四季連続シリーズ’に続き、ヨーロッパの美しい風景を背景に繰り広げられる‘ヨーロッパの恋人シリーズ’が、初作品‘パリの恋人’に呼応できるかが注目される。

チェ・デファン記者(cdh@heraldm.com)




스폰서링크