<マイガール>人気の理由、その三つ!
이 름 SBS(SBSadmin) 등록일 2006-02-08 10:44:10 조회수 6131
SBSの水木ドラマ <マイガール>の初スタートがさわやかだ。
<マイガール>は、生計型詐欺師のジュ・ユリン(イ・ダヘ)と、生まれつきの財力を持つ理性的なビジネスマンのソル・ゴンチャン(イ・ドンウク)が契約兄弟を結んだことをきっかけに繰り広がるロマンチックコメディとして、<快傑春香>のチョン・ギサン監督とホン・ジョンウン/ホン・ミラン作家が意気投合した作品。

視聴率調査会社のTNSメディアコリアによると、14日初放送以降 <マイガール>の成績は14.6%と調べられた。続く15日放送の <マイガール> 2回は、15.7%と、初放送だった昨日14日の14.6%に比べて0.9%ポイント上昇した。一方、水木ドラマ最高の視聴率を誇ったKBSの<黄金のりんご>は、17.9%の視聴率を記録して前日に比べて小幅下がっている。

SBS <マイガール>の掲示板には、'久々に観る爽快な感じのドラマです。イ・ダヘさんの演技変身がとても新鮮に感じられて、しかも気絶しそうに笑わせてくれました。'  '試験成績も悪く憂鬱な毎日でしたが、'マイガール'を観ながら楽しく笑い、ストレスも少しは解消されたようで気分も大分よくなりました!'など、17日午後現在、掲示板の話だけで1万4千件に達している。
このことに <マイガール>の制作社であるカリスターの関係者は、"以外にもスタートが良くて気分がよい。制作チームも嬉しいお知らせで非常に興奮している"と伝え、"寒さを忘れて撮影に挑んでいる"と明らかにした'

このように <マイガール>が、視聴者たちの視線を引くにはそれなりの理由がある。

まずは、前にも挙げたように、チョン・ギサン監督とホン・ジョンウン/ホン・ミラン作家の意気投合だ。チョン・ギサン監督は、昨年の<快傑春香>ですでに二人の作家と呼吸を合わせた経験がある。
それに、チョン・ギサン監督だけの独特な構成とスピーディなストーリー展開は、 少しの間ももブラウン管から目を離せなくする理由の一つになる。すでに 1, 2回を通じてドラマの導入を見せたが、3回からはドラマの中でジュ・ユリンとソル・ゴンチャンが契約兄弟を結びながら本格的なストーリーが展開される予定だ。

二つ目は、楽しい撮影場の雰囲気と俳優たちの体を張っての演技闘魂だ。
ドラマは、その特性上、現場で徹夜をすることが多く、俳優はもちろんスタフたちまで体力的に苦しくなるときが多い。彼らも例外ではない。しかし、自分なりの体力補完策を用いながら楽しく撮影をしているほど、撮影場の雰囲気は違うとの制作陣からの話がある。
しかも、主演俳優たちは言ってみればA急スターではない。ジュ・ユリン役のイ・ダヘは <花王の仙女様>と <グリーンローズ>を通じて演技検証を受けており、イ・ドンウクもまた <拝啓ご父母様>以外にも今までいくつかのドラマでうまずたゆまず愛されてきた。また、パク・シヨン、イ・ジュンギ、チョ・ゲヒョン、ファン・ボラなど新人の演技者たちも抜けられない役割を着実に成し遂げているとの評価だ。

最後に、ジュ・ユリンという珍しいキャラクターの設定だ。
何気なく口に出すうそ、可愛い顔つき、顔色一つ変わらない演技力、優れた瞬発力と気ばたらきある、憎むことのできない詐欺女。女主人公のジュ・ユリンのキャラクターは予想外だった。

すでに、1,2回を通じて見せられたイ・ダヘの大袈裟な演技は、びっくりするほど好評を集めた。彼女もまた、どうせ変身するならば完璧な変身ぶりを見せたくて今回の作品を選んだと明らかにしたこともあり、イ・ダヘのキャスティングはある程度の成功を成し遂げただろう。
始めることが大事だという言葉のように <マイガール>は、初回を通じてすでに50%の成功が保証されたといっても過言ではない。今後、チョン・ギサン監督独特の演出とスピーディなストーリー展開、俳優たちの演技闘魂、女主人公の独特なキャラクター設定など、3拍子の調和が残りの50%を埋めてくれるのかどうか、注目されるところである。
<スタードキュ=ゴ・ムンソン記者>





스폰서링크