独身たちの新しい恋探し、、、
이 름 SBS(SBSadmin) 등록일 2005-06-13 15:55:52 조회수 5428
SBS新水・木ドラマ「帰ってきたシングル」8日初放送
[国民日報 2005-06-01 17:21]

SBSの新しい水・木ドラマ「帰ってきたシングル」が8日に初放送される。
3年ぶりのブラウン管に復帰したキム・ジホと少し前‘キム・ソンミン’に改名したキム・ソンテクが二人の主人公。ここにチョン・ソンギョンとチョ・ミリョン、ソン・ヒョンジュなど個性あふれる助演者たちが加わった。

このドラマの特徴は、死別や離婚などによってドラマの主演と助演が皆独身であること。
タイトル通りに‘帰ってきた独身’たちが繰り広げるラブストーリがドラマの主な流れた。
私たちの周りから接しやすいリアリティーのある話であるとともに、心はまだ青春のままである30~40代の視聴者をターゲットにしたドラマだ。


先月から新しいドラマがスタートし、最近の放送街は実にドラマの春秋戦国時代。
20代の青春男女の愛を描いたトレンディードラマが主流の中で、30代の独身たちの話はいったい勝ち目があるのか。これに対して「帰ってきたシングル」のチャン・ギホンPDは、“自信あり”と断言した。彼は、“最近、30~40代をターゲットにしたドラマが増えたことには、視聴者たちの呼応があったからだ”とし、“彼らにアピール出来る素材は何かを考えるうちに、独身たちの新しい恋探しが浮かび上がった”と話した。


若い視聴者がドラマの視聴層からどんどん離れていく傾向も、「トマト」「ミスターQ」「明朗少女成功記」など主に20代をターゲットにしたトレンディードラマを作っていたチャンPDが30~40代をターゲットとするドラマ制作することもその理由の一つだ。
彼は、“最近の10~20代は、ドラマより映画や公演などを楽しむ”とし、“若い世代にTVの影響力が著しく少なくなったため、20代後半~40代の視聴層に特化したドラマが続々と出てくるのだ”と説明をつける。


特定の視聴層をターゲットにして成功した代表的なケースが、最近終映した「不良主婦」(SBS)だ。「不良主婦」は、失職の家長と生活戦線に走り込んだ主婦の姿をリアルに描いて、平均視聴率18.5%で幕を下ろした。その中で30~40代の平均視聴率が10.4%を記録し、10代の2.8%、20代の5.4%を圧倒的に上回った。
AGBニルソン・メディアリサーチ側は、“主な視聴層が10~20代であるドラマは、若い視聴者たちの視聴量が高くても長年層の視聴が支えになってくれないと高い家視聴率を記録することは難しい”と話している。


ベク・ミンジョン記者  minj@kmib.co.kr






스폰서링크